Top > 中学受験における有効な国語の勉強法

中学受験における有効な国語の勉強法

中学受験の国語は他科目と比較して、点数が伸び悩みやすいです。
それは、他科目と違って、単元での区別が曖昧だからです。
要するに、国語という科目は、それを構成する知識やテクニック、そして、それまでに育まれてきた読解力で点数が決まるのです
。だから、曖昧とはいえ、大まかに単元を設定して、的を絞った学習をする必要があります。
具体的には、漢字、語句、文法といった知識問題、小説での心情理解、論説での要点理解です。
知識問題は、毎日の家庭学習を習慣化すれば問題ありません。文法は、解法を学習塾の先生に聞いて、理解した後は、自身で演習するのみです。
漢字もまた然り。問題は読解分野です。これは家庭学習の独学では不可能な学習領域です。
中学受験の指導経験が豊富な講師の下、しっかりとした指導を受けることをお勧めします。
また、家庭学習での知識が定着しているかをしっかり確認すべく、学習塾で、知識のテストを要望すると良いでしょう。
知識は家庭学習で定着、読解は学習塾の指導で、また、知識の確認も学習塾で、といったように、家庭と学習塾と、すべきことを分けつつ、学習塾を利用することが望ましい勉強法です。
受験対策情報はここが参考になります。

関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
透明シールはこう使え(2018年9月29日)
福岡の現金化|まさかの出費で財布がピンチになっても...。(2016年6月15日)
高級車で通勤をしている人(2016年1月31日)
ワイモバイルはどんなに少なくても毎月(2016年1月 3日)
止水プラグの下水道カメラ(2015年12月 7日)